腋臭画像

自宅治療から病院治療まで腋臭を治す方法

腋臭を治す方法はいくつかありますが、私自身もいくつかの方法を実践しました。
まずは、自分が腋臭だと分かった時点から、ワキの下を徹底的に洗う事から始めました。
ワキの下をしっかり洗っているつもりでも、中々綺麗に洗えていない事もありましたので、意識してあらう事を徹底しました。
その洗い方は、ワキの片方につき1分ずつを目安に、よく泡立てたボディーソープでしっかり洗いました。
消臭除菌効果があるものが良いと聞いていたので、消臭除菌効果がある石鹸でしっかり洗い、そしてまた片方につき1分程かけてしかりと洗い流しました。
洗う以外でも、ワキの毛の処理はしっかりと毎日行い、とにかく常にワキを清潔な状態に保っていました。
この方法にプラスして、市販の腋臭の治療薬をいくつか試しました。
腋臭の治療薬は様々あるので、まずはドラッグストアに行き、目に止まったものを買って使用し効果を試すといった事を何度も繰り返しながら、自分に合った治療薬を探して使っていました。
その事により、臭いを抑えてくれる治療薬に巡り合う事ができ、その後数年間はその治療薬を使いながら、腋臭の事をあまり気にする事なく生活していました。
また最近ではサプリメントや漢方も副作用がないので注目されています。
プロポリスhttp://xn--zckzcsa6cn1951goq6b.biz/
プラセンタhttp://xn--1cki4e8c6bw175aot4a.biz/pc1.html
セサミンhttp://xn--0-hfura9lzd.com/ranking.html
コエンザイムQ10http://xn--eckh6an5s4d.cc/red.html
高麗人参http://xn--gmq95j107eved.ws/re5.html
イソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.asia/sapli.html
是非チェックしてみてください。
そして数年後、治療薬で臭いは抑えら黷スものの、根本から治った訳ではなかったので、腋臭の手術を行う事にしました。
手術を行われている病院は沢山あり、インターネットで調べながら一番自分の希望に合った病院を選び、すぐに予約をしました。
手術当日、病院へ行き腋臭の臭いの程度など、先生がしっかりと確認して下さり、手術の手順などを分かり易く説明してくれました。
そして、カウンセリングが終了すると、すぐに手術となりました。
私は切開するタイプの手術でしたので、ワキの部分麻酔をしてもらい、痛みなどは全くありませんでした。
手術自体は1時間程で終了し、当日は大きく腕を上げる事は出来ないものの、特に毎日の生活に支障をきたす事も無く、日帰り手術で帰ってくる事ができました。

Copyright(C) 2010 においを改善.com All Rights Reserved.